池田市の住みやすさ | キャッシュバック賃貸

入居決定で
祝い金
必ずもらえる!

本日の公開物件数
6,164,488

池田市の住みやすさ

総合評価
4.104.10
(全154件)
  • 交通アクセス
    4.094.09
    (22件)
  • 子育て環境
    4.204.20
    (10件)
  • 街並み
    3.853.85
    (13件)
  • 自然環境
    4.004.00
    (3件)
  • イベント
    4.004.00
    (5件)
  • 文化芸術
    4.504.50
    (2件)
  • グルメ
    4.094.09
    (11件)
  • ショッピング
    4.124.12
    (16件)
  • 医療機関
    4.064.06
    (16件)
  • 娯楽施設
    4.334.33
    (3件)
  • 公的支援
    4.504.50
    (2件)
  • 教育機関
    4.174.17
    (12件)
  • 治安
    4.404.40
    (5件)
  • 歴史
    5.005.00
    (1件)
  • ドラマロケ地
    4.004.00
    (6件)
  • 有名スポット
    4.104.10
    (10件)
  • 出身有名人
    4.064.06
    (16件)
  • その他
    3.003.00
    (1件)

規模企業が多い街。池田市の住みやすさを徹底調査

池田市は16世紀から商業都市として発展していき、酒造と池田炭の集散地の街として繁栄していたそうです。
現在は一次産業では植木産業が盛んであり、二次産業にはダイハツやJALエクスプレス、おかきのとよす本社、第一屋製パンなど、第三次産業には阪急阪神ホールディングスという大規模企業が軒を連ねています。
いくら植林をしていても、食べ物工場や自動車メーカーの本社があるなんて、空気が悪そうでビジネスだけの工業地帯というイメージ……とそれだけ聞いたら無味乾燥な風景を浮かべるかもしれませんが、池田市の植木の歴史はなんと400年!100ヘクタールの広さで日本中の植木を栽培しているのです。その豊かな緑の中に五月山動物園があり、可愛いウォンバットの生活が一日中ライブ中継されていて、アメリカ生まれの福の神「ビリケンさん」の像が、繊維を取り扱う田村駒株式会社においてあるユーモラスな一面もあります。
インスタントラーメン発明記念館や落語ミュージアムまである池田市って、住みやすさはどうなんでしょうか……?実際にお住まいの住宅街の方々にアンケートを取ってみました。

池田市の街並み

工業施設がひしめいているイメージがある池田市。その住みやすさは実際どんなものなのか、アンケートでは意外な結果が出ました。

池田市は近くに五月山があるため緑が多く、街も静かでとても住みやすいです。子育てのために引っ越していらっしゃる家族も多いです。また、駅前や商店街にはお洒落なカフェやパン屋があり、いつもにぎわっています。梅田駅まで20分ほどなので、とても便利な場所です。(20代/女性/学生)

旧市街地域では江戸時代、明治時代の建物が残っています。中新町等には戦前戦後の建物が多くあります。(20代/女性/専業主婦・主夫)

市内南部には大阪国際空港があり、商業施設も多く賑わっています。北部には五月山公園やゴルブ場があり山々が広がっています。(20代/女性/学生)

大阪府池田市の街並みは、大阪市内から約20分でアクセスできるにもかかわらず、緑豊かな情緒あふれる街並み。市内北部は自然が溢れており、子育て世代に良い環境の居住地域。市内南部には大阪国際空港があり、商業施設も多く賑わっていて、北部には五月山公園やゴルブ場があり山々が広がっている……
大半の人が自然の多さが魅力的だと答えています。また、駅前や商店街にはオシャレなカフェやパン屋があり、製菓会社の本社や工場なともあるため産業が非常に盛ん。したがって、閑静なベッドタウンが他に作られ、住んでいる人にとっては静かな印象とのこと。子育てのために引っ越していらっしゃる家族もいるそうです。北部にはゴルフ場や自然の丘などがあり、市内南部に住宅や人工が密集している機能的に発展した市だそうです。大会社があるからか、住宅街は綺麗に整えられたのどかな町並みというのが実感のようです。

池田市の交通アクセス

住むのに重要な交通アクセスはどうなっているのでしょうか。

池田市には阪急路線やモノレールが通っています。大阪方面、神戸方面にもアクセスしやすい地域です。(30代/女性/専業主婦・主夫)

阪急電車が通っています。箕面方面や宝塚方面へアクセスしやすい地域です。(30代/女性/専業主婦・主夫)

大阪府池田市へのアクセスは、阪急宝塚線、JR福知山線での移動が便利です。(20代/男性/自由業・フリーランス)

池田市には阪急路線やモノレールが通っており、箕面方面や宝塚方面へアクセスしやすいそう。他のアクセスにはJR福知山線もあり、国道173号線や高速道路も市内を通っているため、車でも電車でも交通の便はいいそうです。池田駅で急行に乗れば西日本最大の巨大繁華街梅田駅に20分で到着するそう。電車一本で行けるのはとても便利ですね。
神戸方面にもアクセスしやすい地域だそうですが、阪急の十三駅で乗り換えたら京都方面にも行きやすいそうです。
急行が止まる駅があり、バスも走っていて、主要道路まであるというなら「交通が不便だ!」という声がアンケートにあがってこないのも納得です。

池田市の有名スポット

住宅街の住み心地とは少し話題を変えて、池田市の有名スポットを尋ねてみました。

チキンラーメン発祥の地で、『インスタントラーメン発明記念館』があります。家族で楽しめる施設です。(30代/女性/専業主婦・主夫)

五月山動物園があります。園内入園無料で楽しめるので家族連れで賑わっています。(30代/女性/専業主婦・主夫)

大阪府池田市の有名スポットは、インスタントラーメン発明記念館です。(20代/男性/自由業・フリーランス)

家族やカップル、友達同士、チキンラーメンを食べたことのある人なら誰でも楽しめる『インスタントラーメン発明記念館』は最有力。発明の軌跡やルーツも学べるそうです。自分がデザインしたカップに好みのトッピングやスープを選び、世界でひとつだけのマイカップヌードルを作ることができるなんて、それだけで池田市の有名スポットを語り終えてしまいそうです。
他にも、無料(!)の五月山動物園では、ウォンバットが大人気。他にも小型カンガルーのワラビーなどもいますが、生息地オーストラリア以外では繁殖例が殆ど無いウォンバットの二世ちゃんが元気に過ごしています。
文化を楽しむなら、阪急創設者小林一三を称える小林一三記念館や、プラネタリウムが楽しめる五月山児童文化センターや、レジャー施設としての大阪国際空港など、第二次第三次産業が盛んだからこそ「遊べる」場所がたくさんあるようです。

緑と工業、歴史とグローバル、二面性のある池田市

産業が盛んなためにアクセスのいい都市として発展した池田市。そこに住む人は、昔ながらの自然と歴史に囲まれて綺麗な町並みの中で穏やかに過ごしているようです。
池田市はオーストラリアのローンセストン市と姉妹都市であり、中国・蘇州市と友好都市関係にあります。チキンラーメンやダイハツ車が世界中に普及したせいか国際化を目指す市の方針なのか、池田駅付近は海外からの観光客も多いそう。国際語エスペラント語の普及活動もしています。
歴史と国際化が同居している池田市は、様々なライフスタイルに対応しているようです。

池田市の賃貸物件を探す

近隣の街の住みやすさ

池田市の家賃相場から賃貸物件を探す

池田市にある路線・駅から賃貸物件を探す

池田市にある町名から賃貸物件を探す