泉大津市の住みやすさ | キャッシュバック賃貸

入居決定で
祝い金
必ずもらえる!

本日の公開物件数
6,275,444

泉大津市の住みやすさ

総合評価
4.194.19
(全169件)
  • 交通アクセス
    3.733.73
    (15件)
  • 子育て環境
    4.504.50
    (6件)
  • 街並み
    3.563.56
    (9件)
  • 自然環境
    4.604.60
    (5件)
  • イベント
    4.174.17
    (6件)
  • 文化芸術
    4.444.44
    (9件)
  • グルメ
    4.294.29
    (17件)
  • ショッピング
    4.404.40
    (5件)
  • 医療機関
    4.234.23
    (22件)
  • 娯楽施設
    4.334.33
    (6件)
  • 公的支援
    4.254.25
    (4件)
  • 教育機関
    4.384.38
    (16件)
  • 治安
    3.883.88
    (8件)
  • 歴史
    4.404.40
    (5件)
  • ドラマロケ地
    3.503.50
    (2件)
  • 有名スポット
    4.364.36
    (11件)
  • 出身有名人
    4.194.19
    (21件)
  • その他
    4.004.00
    (2件)

再開発が活発な街、泉大津市の住宅街の住みやすさは?

大阪府南部の泉北地域に位置し、高石市や和泉市と隣接している泉大津市。
古くから和泉の国の外港、「大津」の名で知られ、日本書紀や土佐日記にもその名が登場するなど歴史のある地域です。1942年に市となった際には、すでに市制を施行していた滋賀県の大津市との混合を避けるため、頭に泉をつけて泉大津市となりました。そのことから、市民をはじめ泉州地域の人々からは「泉大津」ではなく「大津」と呼ばれることも多いようです。
企業の誘致に積極的なこの地域では多くの工場や物流センターがあり、港湾や中心駅の再開発が活発に行われています。そのため泉大津市は住宅街の人口が増加傾向にある地域として、関西でも注目を集めている地域の一つです。
そんな泉大津市ですが、この地域の魅力や住みやすさはそのような情報や知識だけでは今ひとつわかりませんよね。そこで今回は実際にこの地域に住んでいる人たちに、泉大津市の街並みや交通アクセス、有名スポットに関するアンケートを取ってみました。

泉大津市の街並み

アンケートの結果、泉大津市は工場地帯と住宅地に分けられ、大阪市のベッドタウンとしての役割も担っていることがわかりました。

市内の約半分が工場地帯で、もう半分が住宅街です。幹線道路があり、車通りが多いです。(20代/男性/会社員)

沿岸部は堺泉北臨海工業地帯の一部で工業が盛んで、また大阪都心のベットタウン的存在と言える地域でもある。(30代/男性/無職)

港が近いので、フェリー乗り場などがたくさんあります。またその近くには高いマンションが多く立ち並んでいます。(20代/女性/学生)

泉大津市は古くからの港町であることから物流の拠点になることも多いため、沿岸地域には工場が多いことがうかがえます。一方で内陸の方には閑静な住宅地が広がっているようです。
また江戸時代には綿花の物流基地として、明治時代には毛布の一大生産地として発達したことから、当時の名残りの家屋が多く存在しているという意見も見られました。そのことからも、泉大津市が歴史ある地域であることがうかがえますね。

泉大津市の交通アクセス

泉大津市には沿岸部に私鉄南海本線が南北に縦断しており、それが市民の足となっているようです。

南海本線が通っており、泉大津駅があります。難波、和歌山、関空方面の各方面に便利です。急行(いわゆる快速列車)もほとんど停車します。(20代/男性/会社員)

泉大津市内には南海本線だけが走っています。泉大津駅から難波駅までは急行をつかって20分ほどで行けます。(30代/男性/会社員)

大阪市方面から和歌山市方面へと、南海電鉄本線が大阪湾の沿岸部を通っている。(30代/男性/無職)

難波から始まる南海本線を利用すると泉大津市から大阪の中心地ミナミまではおよそ20分程度なので、通勤に利用する人も多いのではないでしょうか。また車を利用する人にとっては、国道29号線や阪神高速を使うことで大阪の中心地まで便利に行けるのも魅力の一つ、と言えるかもしれませんね。

泉大津市の有名スポット

古くからの歴史と現代的な便利さをあわせ持つ泉大津市。有名スポットに関するアンケートからもそのことがうかがい知れる結果となりました。

泉大津市の有名なスポットは、弥生文化博物館です。弥生時代の生活を体験することができます。(10代/女性/学生)

深喜毛織は日本唯一のカシミア製品の製造工場で、泉大津市の毛織物の歴史を知ることができます。(20代/男性/会社員)

泉大津フェニックスがあり、毎年夏フェスなどのイベントが開催されています。(20代/女性/学生)

隣接する和泉市に跨って位置する弥生文化博物館は古代の人々の暮らしを知ることができ、ロマンを感じさせてくれるスポットとして人気のようです。また、明治・大正時代のこの地域の経済を支えた毛織物の工場では文明開化の雰囲気を味わうことができるでしょう。
一方で毎年夏に音楽フェスが開催される泉大津フェニックスや夜景が楽しめる泉大津パーキングエリアなど、現代らしい楽しみ方ができるスポットが多いこともまた、泉大津市の魅力と言えるのではないでしょうか。

古代と現代が重なり合う街!泉大津市の魅力

アンケートの結果、泉大津市は古代から現代まで交通の要所として栄え続けてきたことがわかりました。
昔から残る家屋や遺跡から歴史を感じることができる地域である一方、交通の便や港町として物流の拠点になっていることなどから、現代の生活をする上での利便性が高い地域だと言うこともできるでしょう。
過去の空気を感じながらも、現在の住みやすさを兼ね備えていること、それが泉大津市の大きな魅力なのではないでしょうか。

泉大津市の賃貸物件を探す

近隣の街の住みやすさ

泉大津市の家賃相場から賃貸物件を探す

泉大津市にある路線・駅から賃貸物件を探す

泉大津市にある町名から賃貸物件を探す