枚方市の住みやすさ | キャッシュバック賃貸

入居決定で
祝い金
必ずもらえる!

本日の公開物件数
6,335,501

枚方市の住みやすさ

総合評価
4.164.16
(全348件)
  • 交通アクセス
    3.943.94
    (32件)
  • 子育て環境
    3.953.95
    (19件)
  • 街並み
    4.124.12
    (26件)
  • 自然環境
    4.534.53
    (19件)
  • イベント
    4.204.20
    (10件)
  • 文化芸術
    4.254.25
    (12件)
  • グルメ
    4.004.00
    (30件)
  • ショッピング
    4.124.12
    (24件)
  • 医療機関
    4.294.29
    (24件)
  • 娯楽施設
    3.953.95
    (19件)
  • 公的支援
    4.674.67
    (15件)
  • 教育機関
    4.434.43
    (23件)
  • 治安
    4.474.47
    (19件)
  • 歴史
    3.673.67
    (12件)
  • ドラマロケ地
    4.234.23
    (13件)
  • 有名スポット
    4.094.09
    (22件)
  • 出身有名人
    4.114.11
    (27件)
  • その他
    3.503.50
    (2件)

子育てがしやすい街?枚方市の住宅街の住みやすさはどうなのか?

大阪府枚方市といえば、ベッドタウン化によって1950年代から1970年代にかけて急激に増加した人口と、それに伴う小中学校不足の深刻化が有名でしょう。児童の増加に伴い新設校の設立が進められてきましたが、近年の少子化傾向に従い1999年に学校の統廃合が行われました。しかし少人数教育による利点・長所を活かし、市立学校全てにいち早くコンピュータールームを導入したり、当時は先進的であったALTの英語教育など取り入れ学力向上に努め、全国学力調査では全国平均、大阪府平均を上回っており、今後も枚方市の子どもたちの学力向上のための教育政策として、電子黒板の導入や夏季休業日の短縮実施などの取り組みがなされています。
このような背景から、大学や文化センター、生涯学習市民センターなどの数が多く、これからもさらに進む少子化による子どもの学力を重視する家庭が枚方市へ移住してくることが予想されます。では、現在の住みやすさは実際どうなのか、平均的な住宅街の住民から聞いたアンケートを見てみましょう。

枚方市の街並み

大きな特徴は約20kmに渡る淀川の存在と、軍需産業の転身であるさまざまな工業団地、そして京阪電気鉄道によって開発された沿線最大級のショッピングモールと、その周辺の商業施設。もちろん学生のための都市という色も強く、学生街の賑わいも外せないようです。

淀川沿いのエリアにはショッピングモールや官公庁の施設があり、にぎやかです。国道1号線沿いのエリアは工業団地が多く、山側のエリアには閑静な住宅地が広がっています。(40代/女性/専業主婦・主夫)

もちろんそんな都会ではなく住宅街といった感じだがとても住みやすい。(30代/男性/学生)

枚方市駅や樟葉駅付近は、モールなど商業施設が整っており、京阪電気鉄道による開発が進んでいます。(20代/男性/学生)

大型ショッピングモールの開発や教育研究施設の誘致、電車を利用してやって来る多方面の客が遊ぶラウンドワンやスポーツデポなど開発も進んでいますが、同時に枚方宿の史跡や資料館など歴史を感じさせるものが数多く存在し、またのどかな田園地帯も多い田舎町であると言った声もありました。地域によって、工業団地や学生街、官公庁施設や子どもを賢く育てるための住宅街などに分かれているようです。

枚方市の交通アクセス

主に学生が多く訪れるという枚方市の交通アクセス状況はどうなのでしょう。

枚方の中心部には京阪電鉄で行くことができます。京阪本線の枚方市駅は京阪の主要駅なので全ての種類の電車が止まり、アクセスは抜群です。また、中心から離れた地域へはJR片町線やバスでも行けます。(40代/女性/専業主婦・主夫)

JR学研都市線、京阪本線、京阪交野線が通っていて、大阪市や京都市から特急でアクセスできます。(10代/男性/学生)

国道1号や170号そして168号などの主要道路が通っているので、車でのアクセスが便利です。(20代/女性/専業主婦・主夫)

環状線と京阪電車を使えば梅田まで20分ほどだそうです。特急が必ず止まる主要駅が身近にあるというのは大変便利で、車でもアクセスしやすいというのは住むにあたって大きなメリットになりますね。ここまで便利だと移動手段が電車か車だけになるかと思われますが、バスの交通量も多いそうです。こちらは空港連絡線や長距離バスなどがあるそうです。

枚方市の有名スポット

アンケートで聞いてみた枚方市の有名スポット第一位は、やっぱり「ひらかたパーク」でした。第二位はくずはモールと京阪百貨店。

古くから菊人形で有名な庶民派遊園地・ひらかたパークがあります。最近では有名人がイメージキャラクターを務めたおかげで「ひらパー」の名前で全国に知れ渡っています。(40代/女性/専業主婦・主夫)

やはり枚方といえばひらかたパークだと思う。ユニバとは規模が比べ物にならないが地元の遊園地といった感じで落ち着く。(30代/男性/学生)

ひらかたパークがあります。世代を問わずに遊べるテーマパークです。関西の中では、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに次いで2番目の集客数です。(20代/男性/契約・派遣社員)

大規模集客型のアトラクションテーマパークのような非日常感ではなく、老若男女がそれぞれの楽しみ方ができる庶民派遊園地の地元感が魅力らしいです。中には月明かりに照らされる淀川の川面が綺麗で穴場スポットだと答えた風流な男子学生もいましたが、やはり地元の人も他市の人も、枚方市と言えばひらパーのようですね。季節ごとのイベントや、お笑いタレントが来るイベントもあるそうなので、何度来ても楽しめるそうです。

大都会じゃないけどなんでもある!?住めば都の枚方市

学校が大学まで揃っていて、自然があり、歴史的建造物があり、ショッピングモールがあり、官公庁があり、工業団地も住宅街も公共施設も便利な路線も大型遊園地もある枚方市。学生と淀川沿いの工業だけの街というのではなく、なんでも近くで用が足せる一極集約型都市のようです。もし枚方にないものが欲しいのなら、電車で梅田へ行けば用が足りることでしょう。子育てがしやすい町という意見もあり、教育の需要が高まるにつれて人気が上がっていく条件が揃っています。年代に関係なく、安心しつつ心地よく過ごせる都市と言えるでしょう。

枚方市の賃貸物件を探す

近隣の街の住みやすさ

枚方市の家賃相場から賃貸物件を探す

枚方市にある路線・駅から賃貸物件を探す

枚方市にある町名から賃貸物件を探す