アパートの賃貸用語解説 | キャッシュバック賃貸

入居決定で
祝い金
もらえる!

本日の公開物件数
6,529,254

難しい専門用語の多い賃貸・住宅関連の不動産用語を分かりやすく解説します。お部屋探しやお引越しにお役立てください。

アパート(あぱーと)

アパートとは

アパートとは集合住宅の意味を持つ英語「アパートメント(apartment)」の和製英語。名称が厳密に定義されているわけではありませんが、一般的には1階~3階建ての賃貸住宅を指します。
構造は木造や軽量鉄骨造りを指すことが多く、集合住宅の中でも比較的大規模で豪華なものは「マンション」と呼ばれ区別されています。その分、アパートは賃料が安く設定されていることが多いです。

アパートにまつわるトリビア

アパート名によくある「○○ハイツ」という名前。他にもハイム、コーポ、メゾン、ヴィラ、シャトーといった名称をよく見かけますよね。実はこの名称は特に決まりがなく、名称によって建物の構造が変わるということはありません。言ってしまえば大家さんの好み。
ちなみにハイツ(高台)とコーポ(共同住宅)は英語ですが、メゾン(家)・ヴィラ(別荘)・シャトー(貴族が住むカントリーハウス)はフランス語、ハイム(家・住まい)はドイツ語になります。

アパートと引っ越しのカンケイ

アパートはこじんまりとしていて家賃が低めというメリットがあり、引っ越しの際は学生や単身者に人気の賃貸物件です。築年数によりますが、家賃に加えて管理費、共益費を足してもマンションよりも安めなことが多い上、駐車場が安く借りられる場合もあります。住環境がよい地域でもアパートならリーズナブルな家賃で住むことができるでしょう。
アパートを借りるには、基本的に契約金、収入証明書、住民票、印鑑、印鑑証明、連帯保証人の承諾書と印鑑証明が必要になります。

アパートに関連する賃貸物件

敷金・礼金ゼロの物件特集をご用意しています。

敷金・礼金ゼロの物件特集を見る

アパートに関連する賃貸用語