敷金の賃貸用語解説 | キャッシュバック賃貸

入居決定で
祝い金
もらえる!

本日の公開物件数
6,529,254

難しい専門用語の多い賃貸・住宅関連の不動産用語を分かりやすく解説します。お部屋探しやお引越しにお役立てください。

敷金(しききん)

敷金とは

敷金(しききん)とは、賃貸契約時に初期費用として支払うお金です。敷金・礼金とセットで扱われることがおおいですが、これらを一括して「保証金」と表現される場合もあります。金額は地域によって差がありますが、大体家賃1~3ヶ月のことが多いです。敷金・礼金0円の賃貸物件も近頃は少なくありません。しかし敷金・礼金0の場合ほかの費用として上乗せされているケースもありますので、注意が必要です。

敷金にまつわるトリビア

敷金は、借主の過失によって修繕などが必要になった場合の費用として貸主が預かっておく担保金です。契約期間中に、特にこうしたトラブルが発生しなければ退去時に返金してもらうことができます。ただし、「敷金償却」としていくらか差し引かれる場合もござい+G63ますので契約時確認が必要です。礼金は、貸主への謝礼ですので退去時に返金されることはありません。敷金ゼロの賃貸物件でも、部屋の損傷がひどければ修繕費を請求されることもございます。

敷金と引っ越しのカンケイ

例えば賃貸物件に入居中、うっかり窓ガラスを割ってしまったとします。その場合、修理代は敷金から賄われます。家賃を滞納した場合にも敷金から差し引かれます。また賃貸は契約終了時、不動産会社か貸主が立ち入りチェックを行います。このとき壁や床、家財に傷・穴・シミ・変色など著しい損傷が見られた場合もまた敷金から修繕費が差し引かれます。もちろん、キレイに使われている場合はこれらの修繕費が発生することはありません。

敷金に関連する賃貸物件

敷金・礼金ゼロの物件特集をご用意しています。
引越しの際、家賃とあわせて気になるのが敷金や礼金など一時的にかかる費用の総額です。「月々の家賃は問題なく支払えるけれど、敷金・礼金でまとまったお金が出ていくのは困るなあ…」と感じている人も多いのではないでしょうか。キャッシュバック賃貸では、そういうお悩みを解決するために敷金・礼金ゼロの物件特集をご用意しています。なにかと物入りな引越し前後。敷金・礼金ゼロの物件で気軽に新しい生活を始めてみませんか?

敷金・礼金ゼロの物件特集を見る

敷金に関連する賃貸用語