一人暮らしに最適! ウォーターサーバーのメリットと選び方のポイント

一人暮らしに最適! ウォーターサーバーのメリットと選び方のポイント

ウォーターサーバーとは、厳選された水を、冷水や温水に保っていつでも味わえるようにしてくれる家庭用の給水機のことです。一人暮らしの生活にウォーターサーバーがあると利便性が高まります。

本記事では、ウォーターサーバーを一人暮らしで使うメリットやデメリット、選ぶ上で気を付けておきたいポイントなどを解説していきます。

また、ウォーターサーバーがあると自炊もはかどります。自炊に便利なシステムキッチン付きの賃貸はこちらから確認してみてください!

システムキッチン付きの賃貸物件特集

一人暮らしでウォーターサーバー使うメリット

ペットボトルを買いに行く手間が省ける

ウォーターサーバーは、重い水を定期的に自宅まで配送をしてくれます。

一人暮らしの場合、飲料用としてペットボトルの天然水を購入している方も多いことでしょう。ペットボトルの水は、安価ではありますが、買いに行く手間もかかりますし、重たい水を運ぶのはなかなかの重労働です。

加えて、病気になってしまったときや時間がないときなどは、水を買いに行けなくなってしまう可能性も発生します。

ウォーターサーバーを使えば、水の管理から解放されて、時間や体力をより有効利用することができるのです。

浄水器がなくても美味しい水を飲める

ウォーターサーバーを使えば、厳選されたおいしい水が届きます。味だけでなく、ミネラル豊富で健康への配慮がなされた水を配達してくれるウォーターサーバーの業者も存在しています。

水道水を安全に飲もうとすると、浄水器を設置しなくてはなりません。浄水器をつけても水質によっては「臭み」や「嫌な味」が抜けきらないこともあります。

日常生活で欠かせない水を、安全でおいしいものを手軽に飲めるというメリットがウォーターサーバーにはあるのです。

料理にも使える

 一人暮らしに最適! ウォーターサーバーのメリットと選び方のポイント

ウォーターサーバーの水の活用法は、「飲用」だけにはまりません。「料理用の水」としても活用していくことができます。「料理をおいしくするのもまずくするのも水次第」といわれることもあるくらい、水は料理に重要です。

ミネラル豊富なウォーターサーバーの水を使えば、料理の味が引き立ち、毎日の食事も楽しくなります。

インテリアにもなる

ウォーターサーバーの機械というと、武骨なものを想像する人が多いのではないでしょうか?

しかし、最近のウォーターサーバーは、インテリアにもなるおしゃれなデザインのものが増えてきています。一見すると、ウォーターサーバーのサーバーであることがわからないようなものも存在しているのです。一人暮らしの部屋のデザインを引き立てるのに一役買ってくれます。

一人暮らしでウォーターサーバー使う3個のデメリット

ワンルームに置くと狭くなる

ウォーターサーバーは、おしゃれでスリムなデザインのものが増えてきているといっても、やはりある程度の置き場所を必要とします。

そのため、大型家具などがあって、スペースに余裕がないワンルームに置くと、部屋が狭くなってしまうというデメリットもあります。

サーバー費用や電気代がかかる

ウォーターサーバーは冷水やお湯を24時間いつでも飲める状態に保ってくれます。ただ、そのための電気代が必要です。毎月500円~1,000円程度が必要になってきます。

加えて、ウォーターサーバーの会社によっては、水代だけでなくサーバーのレンタル費用や購入費用を請求されることもあります。レンタル代としては、毎月500円~1000円程度が必要となるようです。

ウォーターサーバーを使うなら、水代だけでなく維持費やレンタル料といったお金がかかることを知っておかなくてはなりません。

注文ノルマがあると飲みきれないことも

ウォーターサーバーの業者の中には、毎月最低限注文しなくてはならないノルマを設けている業者もあります。料理などでたくさんの水を使う人はいいですが、あまり水を使わない人は毎月水を余らせてしまう可能性も出てきてしまうのです。

水のノルマがない業者や無理のない低いノルマしか設けていない業者も存在しますから、水の使用量が不安ならばノルマのない業者を選びましょう。

一人暮らしのウォーターサーバーの選び方

置き場所を考えて選ぶ

一人暮らしの空間は限られています。

ですので、サーバーが大きすぎると生活スペースを圧迫してしまいます。サーバーの中には卓上におけるコンパクトなサイズのものも存在しています。自身の居住環境にあわせることができるサーバーのあるものを選びましょう。

ボトルの交換がしやすいものを選ぶ

ウォーターサーバーは、中の水のボトルが空になったら交換をしなくてはなりません。

ボトルの容量は7~12ℓ程度ありますから、女性の場合は重労働になってしまいます。ただし、サーバーの中には、水のボトルがコンパクトなものや取り換えに力が要らないように工夫されているものもあります。

力に自信がないのならば、コンパクトでボトルの交換がしやすいものを選びましょう。

実質月額で選ぶ

ウォーターサーバーを使うには、毎月以下のお金が必要になってきます。

「水の料金」+「サーバーレンタル料」+「送料」

ウォーターサーバーを選ぶ際には、水の値段に目を向けがちですが、送料やサーバーレンタル料にも気をつけるようにしましょう。

高額な送料やサーバーレンタル料を請求してくる企業も存在します。ウォーターサーバーを使ったときに、実質、月額でいくらかかるのかをしっかりと試算をして選択するようにしましょう。

おわりに

ウォーターサーバーを使えば、水の管理が楽になるだけでなく、食事やインテリアの面でもメリットがあります。

外出が多く自炊もしないのならば、ウォーターサーバーは不要かもしれません。しかし、外出する機会が少ないのならば、安全でおいしい水を飲めるウォーターサーバーの設置を検討してみてはいかがでしょうか?

ウォーターサーバーには、「場所を取ること」や「月額費用」などのデメリットもあります。しかし、自身の住まいに合わせた小型のサーバーを選び、月額費用もきちんと確認しておけば、これらのデメリットをなくすことも可能です。

また、ウォーターサーバーと自炊に便利なシステムキッチンの相性は抜群といえます。システムキッチン付きの賃貸はこちらで特集していますから、ウォーターサーバーと一緒に検討してみましょう!

システムキッチン付きの賃貸物件特集