突然の辞令で引っ越し!転勤・異動に伴う引っ越しはどんな手続きが必要?その準備や段取りを教えていただきたい。 | キャッシュバック賃貸

入居決定で
祝い金
必ずもらえる!

本日の公開物件数
6,055,440

お部屋探しのプロが、お部屋検索からお引越しまであなたの悩みを解決します!

突然の辞令で引っ越し!転勤・異動に伴う引っ越しはどんな手続きが必要?その準備や段取りを教えていただきたい。

カテゴリ
引越し準備
閲覧
918
回答
1

27歳の会社員です。今朝出社すると、突然、別支店への転勤の辞令が出ました。うちの会社では突然の辞令があることは多いのですが、自分の場合、なんと2週間後には、別支店へ行かなければなりません。別支店へは出張では行ったことがあるものの、実際に宿泊するなど仕事以外で滞在したことがなく土地勘もありません。現職場での引き継ぎもままならないまま、新しい引っ越し先なども見つける必要があります。引っ越しに伴い、役所などへの手続きが必要となりますよね?いったい、どのような手続きをすればよいのでしょうか?また、仕事をしながらでもうまく引っ越しができる準備の方法やスムーズな段取り方法はありますでしょうか。できればスケジュール的に分かりやすく教えていただきたいです。

関連ワード
引越し段取り
2016/03/04 11:04

お部屋探しのプロからの回答1

  • 花山さくら
  • 花山さくら
  • 宅地建物取引士

ウィークリーマンションを利用すると便利です!

2週間後に異動の辞令が出るとなると驚きますよね。それと同時に2週間という時間を有効活用して引っ越しを進めて行かなければなりません。まず、最優先ですることは引っ越し先の物件探しです。これは、異動の多い会社であれば、会社側が社宅を準備してくれる場合もあるので会社に確認してみましょう。その上で、自分で物件を探さなければならない場合であれば、インターネットの不動産サイトが便利です。パソコンだけではなく、スマートフォンからでも簡単に賃貸物件の検索ができます。地名や駅名などから簡単に物件を見つけられるだけでなく、物件の写真や細かな入居条件なども調べることができます。何より、そのまま不動産会社へ連絡が取れるのでとても便利です。すぐに物件を見つけられないような場合には、ウィークリーマンションを利用するのもひとつの方法です。ウィークリーマンションだと、家具がそろっているところが多いので洋服などを持って行けば、楽に引っ越しをすることができますよ。また、転勤に伴い、現在住んでいる物件の退去手続きが必要となります。多くの物件では、退去の1か月以上前に連絡を入れなければならないという契約になっています。今回であれば、2週間後の退去になるので、不動産管理会社と退去日時について相談する必要があります。その上で、1か月後に退去日を設けなければならない場合は、契約通りその分の賃料を支払う必要が生じます。引っ越し日が決まれば引っ越し会社の手配が必要となります。土日は引っ越しが集中するため、比較的引っ越し会社の閑散期である平日に頼んでみるといいでしょう。さらに、役所で住所変更の手続きをしなければなりません。現在住んでいる区域と別の所に異動する場合には、転出届を提出しなければなりません。引っ越し日までまだ時間的な余裕がある場合は、転出届には引っ越しの予定日を記載することになります。そして、引っ越しの1週間から3日ほど前には、電気やガス、水道の手続きを行いましょう。最近では、前日に申し込めばすぐに止めてくれるようなシステムもあります。それらの営業時間や電話番号などをあらかじめ調べておくと連絡もスムーズにとることができます。ちなみに、ライフライン変更の手続きは新住所などの情報登録も必要となるので、15分程度話せる時間的な余裕を設けておきましょう。そして、無事に引っ越しが済んだら、新しい住居のある役所へ行き転入届を提出しましょう。転入届の提出は引っ越した日から14日以内にしなければならないので注意してくださいね。2週間というと短い気もしますが、準備さえすればしっかりと引っ越しをすることも可能ですよ。

2016/03/04 11:05

初めは明確な定義がなく、鉄骨・鉄筋コンクリート・鉄骨鉄筋コンクリートで造られた 集合住宅を総称して「マンション」と呼んでいました。しかし、2000年のマンション管理適正化推進法で「区分所有者が2名以上いる、複数の店舗や事務所、居住区となる専有部分が1戸以上ある建物」と定義され、「マンション」というと分譲マンションを指すようになりました。対してアパートは、木造や軽量鉄骨で造られた、主に2階建ての集合住宅のことを指すのが一般的です。

»もっと詳しく

管理会社とは、賃貸物件の管理および維持を業務とする会社です。具体的には共用廊下やエントランスの掃除、エレベーター等の設備点検、入居者からのクレーム対応、家賃についての相談など、入居中の様々なことに対応してくれます。 ただし、タワーマンション等に在中しているコンシェルジュとは異なり、荷物の一時預りやクリーニングの依頼などは基本的に行っておりません。オーナーとの契約によって業務内容は変わってきます。

»もっと詳しく

知りたい情報が見つかりませんか?お部屋探しのプロに質問してみましょう!

新しく質問する